京都観光データウォーク 開催のお知らせ

Kyoto Tourism Data Walk 2018 poster(PDF)

京都観光データウォークとは?

本ワークショップでは国連世界観光機関が提唱する持続可能な観光のための指標開発のための枠組み(3フェーズ12ステップ)の一部を利用し、参加型プロセスにより京都において持続可能な観光を実現するための参加型デザインをフィールド調査とデータ分析とを連携させて行います。更に、いくつかの招待講演者による基調講演を行い、データに基づく持続可能な観光を京都に根付かせるための共同作業を実施します。本ワークショップは京都大学スプリングデザインスクール2018の一環として開催されます。

国連世界観光機関(UNWTO)持続可能な開発指標における12ステップ

国連持続可能な観光国際年において世界観光機関が提唱した持続可能な観光に関する5分野に応じてグループを割り付けます。申込に際しては、最も興味のある課題を以下の5つ(1 包括的かつ持続可能な経済成長、2 社会的な包括性、雇用、貧困の低減、3 資源の効率性、環境保全と気候変化、4 文化的価値、多様性と遺産、5 相互理解、平和と安心安全)の中からいずれか選択してください。

持続可能な観光のトピックス

開催概要

日時:2018年3月11日(日)~13日(火) 3日間
場所:京都大学時計台記念館、京都市左京区吉田本町
地図(別ページが開きます)
プログラム(別ページが開きます)

参加条件

  • 3日間を通じて参加できること
  • 申込フォームを提出し、事前に参加許可を得ること

申込み

  • 3日間のワークショップ申込は締切ました
  • 申込フォームから3月13日(火)13時からの講演会の聴講に申し込むことができます

参加費

無料

主催

後援

協賛

 

UNWTO Affiliate Member
UNWTO Affiliate Member