世界メッシュ研究所

イベント

世界メッシュコード研究会のイベント

2018.12.2 @職員会館かもがわ in 京都

12月2日(日)13:30~17:30で世界メッシュコード研究会を京都市内職員会館かもがわで開催しました。総勢10名の参加で、統計情報可視化システムMESHSTATSに関する講習とアイデアソンを3チームに分かれて開催しました。アイデアソンのテーマを「MESHSTATS×SDGs」とし、チームに分かれたアイディエーションの機会としました。国連が提唱する17の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals; SDGs)の中から、「12.つくる責任つかう責任」のうち12.b「持続可能な開発が雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業にもたらす影響のモニタリングツールを開発・導入する」をテーマとして、MESHSTATSを用いての12.bに貢献する方法とそのアプリケーションについてアイデア出しを行いました。

アイデアソンチームC

2018.9.11 @機械振興会館 in 東京

9月11日(火)18:30~20:30で世界メッシュコード研究会を機械振興会館4階会議室で開催しました。統計情報可視化システムMESHSTATSに関する利用方法の説明と事例について講演を行いました。総勢12名の参加がありました。ご参加頂きました皆様ありがとうございました。

2018.8.4 @関西 in 丹青社関西支店

8月4日(土)13:30~17:00で世界メッシュコード研究会を株式会社丹青社様のご協力により株式会社丹青社関西支店にて開催いたしました。総勢18名の参加があり4チーム(医療・福祉チーム、環境チーム、交通チーム、商業施設チーム)に分かれてアイデアソンを行いました。とても活発な議論と交流を行うことができました。ご参加頂きました皆様誠にありがとうございました。

  • 場所:株式会社丹青社 関西支店(グランフロント大阪北館タワーB24F)
  • 住所:大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪北館タワーB24F
  • グランフロント大阪の場所は下記URLからご確認ください。
  • URL:http://www.grandfront-osaka.jp/access/

    • アイデアソン

    • 西脇毅(世界メッシュコード研究会)

    • 医療・福祉チーム

    • 環境チーム

    • 商業施設チーム

    •  交通チーム

    2018.5.18 @機械振興会館 in 東京

    世界メッシュコード研究会2018年5月24日

    5月18日(金)18:30~20:30で世界メッシュコード研究会を一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構様のご協力により機械振興会館内会議室にて開催いたしました。

    • 場所:機械振興会館3階 第一会議室(一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構様内)
    • 住所:〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5-8
    • 詳細な場所は下記URLよりご確認ください。
    • 機械振興会館アクセス:http://www.jspmi.or.jp/kaigishitsu/access.html

    当日は、10名のサポート会員の方にご参加いただき、世界メッシュコードに関する解説、統計情報可視化システムMESHSTATSについて説明、利用事例に関する発表を行いました。最後に、各サポート会員が考えるMESHSTATSを用いたアイデアソンの結果を発表し情報共有を行いました。次回世界メッシュコード研究会は7月京都で開催を計画します。

    2018.1.13 @oinai-karasuma in 京都


    1月13日に京都市内oinai-karasuma(京都市中京区烏丸通蛸薬師南入る手洗水町 647 トキワビル4-B; MAP)大会議室において世界メッシュコード研究会を開催しました。総勢10名の参加で世界メッシュ研究所のデータ提供状況、世界メッシュコードを用いた統計情報可視化システムMESHSTATSの最新機能について説明を行いました。その後、Code for Kyotoと世界メッシュコード研究会が合同で作成しているアプリchariP naViについてとリクルート社のHR事業に関する説明がありました。

    世界メッシュ統計をリクルートWebサービスから収集した求人広告データを用いて作製することを通じ、データ利活用をデータとコードの両面から考えるたデータ・ハッカソンを行いました。統計情報可視化システムMESHSTATSを用いたアイデアソンとデータ・ハッカソンの結果を最後に発表して情報共有を行いました。

    データ・ハッカソン・チャレンジ(Data Hackathon Challenge)併催

    2018年1月13日(土)世界メッシュコード研究会では世界メッシュコードを用いたデータ・ハッカソンを行います。以下データと世界メッシュコード計算用のオープンライブラリを用いて世界メッシュデータを作成するとともに、世界メッシュデータを用いた分析結果をプレゼンテーションして頂きます。世界メッシュ統計をR言語で作成する方法について解説してあります。詳しくは世界メッシュ統計の作成方法を参照してください。

    ■データ
    ■オープンデータライブラリ
    世界メッシュコードを計算するためのオープンデータライブラリは世界メッシュ研究所のページよりダウンロードしてご使用ください。4言語(R, PHP, JavaScript, python)によるオープンライブラリを提供しています。
    ■エントリー方法
    2018年1月13日(土)世界メッシュコード研究会に参加して頂き、データ・ハッカソンにご参加ください。提供データを用いて世界メッシュ統計を事前に作成して頂いても問題ありません。データ・ハッカソンに参加する場合は代表者氏名チーム名称を1月13日13:00までにdatahackathon@www.fttsus.jpへ電子メールで送ってください。
    ■発表会
    2018年1月13日(土)に会場に物理的に参加して頂き、データ・ハッカソンご参加の方(チームまたは個人)にはその場で17:30-18:00の間で1チーム5分間の発表をして頂きます。


    アイデアソン発表資料
    発表資料_槙田

    発表資料_吉川

    2017.9.1 @リクルートジョブズ

    9月1日東京銀座リクルートジョブズにて世界メッシュコード研究会を開催しました。総勢8名の参加で、世界メッシュコードならびに世界メッシュ統計を用いたアプリケーション(統計情報可視化システムMESHSTATS)の使い方講習会、世界メッシュ統計の応用に関するアイディエーションを行いました。

    2017.6.21-23 6th UNWTO International Conference on Tourism Statistics: Measuring Sustainable Tourism, Manila, Philippines

    フィリピン・マニラにおいて開催された、6th UNWTO International Conference on Tourism Statistics: Measuring Sustainableに世界メッシュ研究所主宰者佐藤彰洋(京都大学大学院情報学研究科、科学技術振興機構さきがけ)がパネリストとして登壇しました。会議には大臣や政策専門家、統計学者などが集まりました。

    6th International Conference on Tourism Statistics: MST

    発表資料

     

    2017.5.20 @京都大学

    5月20日、京都大学吉田キャンパスにおいて世界メッシュコード研究会を開催しました。総勢8名の参加で、世界メッシュコードならびに世界メッシュ統計を用いたアプリケーション(統計情報可視化システムMESHSTATS)の使い方講習会、観光事例を通じたハンズオンセミナーを行いました。

    資料

    2017.3.08 @ドイツ・ハンブルグ大学

    3月8日、京都大学(情報学研究科)とキール大学の共催、ハンブルク大学および国連世界観光機関(UNWTO)の協力を得て、持続可能性とツーリズムにおけるビッグデータの活用をテーマとしたワークショップEU-Japan Workshop on Big Data for Sustainability and Tourismを開催しました。ハンブルク大学で開催された本ワークショップには、京都大学から8名が参加、ほかブレーメン大、ドイツ航空宇宙センター(DLR)、トリノ工科大等、さまざまな機関から参加がありました。


    slides資料

    2017.2.25 研究会@東京リクルート本社

    東京リクルート本社において世界メッシュコード研究会を開催いたしました。総勢12名の参加者で、世界メッシュコードならびに、世界メッシュ統計を用いたアプリケーションの紹介(MESHSTATS)および、鉄道駅、求人に関するメッシュ統計を用いた利活用について意見交換、議論を行いました。具体的な事例に対して、統計データを「グローバルシステムの持続可能性評価基盤」で前方スクリーンに映し、参加者全員で議論する取り組みの実演が行われ、この有益なシステムの活用に関する活発な討議がなされました。まだまだわが国のEvidence Based Policy Makingや、データの活用、オープンデータの整備は道半ばです。世界メッシュコード研究会での自由闊達かつ先進的な取り組みで、こうした取り組みへの先鞭をつけていきたいと思います。

    2016.12.17 勉強会@京都大学 with Code for Kyoto

    Code for Kyotoのイベント開催にあわせ、京都大学にて世界メッシュコード研究会を開催しました。今回は世界メッシュコード研究会会員の方々が準備してこられた発表資料を通じて、世界メッシュコードが有する可能性について議論を行いました。

    資料1

    資料2

    資料3

    資料4

    2016.10.23 17:00-19:00 フォーラム@岐阜県高山市高根町日和田

    岐阜県高山市高根町日和田地区の皆さんと伴に参加型ワークショップを開催いたしました。地域の魅力について議論するとともに地域メッシュ統計を用いた地域の魅力の定量化・指標化に必要とされる要件について意見交換を行いました。

    資料1

    資料2

    2016.10.1-4 38th UNWTO Affiliate Members Plenary Session Yerevan, Armenia

    アルメニア・エレバンにて開催された第38回国連世界観光機関(UNWTO)賛助会員総会にて、世界メッシュ統計について紹介しました。




    2016.7.1 15:30-16:30 勉強会@日本総研本社


    2016.5.10 15:00-16:00 勉強会@東京都霞ヶ関

    2016.4.19 14:30-15:30 勉強会@東京都霞ヶ関

    2016.4.15 17:00-18:00 勉強会@京都市

    2016.4.5 19:00-20:00 勉強会@東京都丸の内

    2016.4.5 10:00-11:30 勉強会@東京都霞ヶ関


(c) 2015, 2016, 2017 Research Institute for World Grid Squares
世界メッシュコード研究会2018年8月4日プログラム