PROFILE

佐藤 彰洋

所属: 横浜市立大学 大学院データサイエンス研究科

データサイエンス専攻 教授

学位: 博士(情報科学)(2001年3月 東北大学)

2001年3月東北大学大学院情報科学研究科修了. 博士(情報科学).

2000年-2001年日本学術振興会特別研究員(DC).

2001年4月-2007年3月京都大学大学院情報学研究科助手.

2007年4月-2017年9月京都大学大学院情報学研究科助教.

2015年2月-2017年12月キヤノングローバル戦略研究所研究員.

2017年10月-2019年3月京都大学大学院情報学研究科特定准教授.

2019年4月-2020年3月横浜市立大学特任教授.

2015年10月-2020年3月科学技術新興機構さきがけ研究員.

2019年5月より総務省統計研究研究所客員教授.

2020年4月より現職. エージェントモデル, 応用としてのデータ中心科学(経済情報学, 経済物理学), データ駆動型デザインの研究に従事. 経済社会分野におけるシステム間相互作用とその共同現象に興味を持ち, 共同現象のメカニズムの理解, シミュレーション, 設計を研究テーマとする. 日本統計学会, 情報処理学会, 日本証券・計量・工学学会, 進化経済学会, IEEE Computer Society, IEEE Computational Intelligence Societyなどの正会員. 平成18年度情報処理学会山下記念研究賞, 第2回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題優秀成果賞(2015年), 第4回横幹連合木村賞(2015年) 受賞.

論文

MISC

書籍等出版物