横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022見学コースのご案内

2022年8月19日開会式(9:00ー10:00)

2022年8月24日成果発表会+閉会式(10:30ー14:30)

をオンライン視聴できる見学コースへのお申込みを受付中です。

(2022年8月15日締切)

見学コースへお申込み頂きました皆様へは締め切り後にオンライン視聴用のリンクをお送りいたします。

https://forms.office.com/r/kZ9E3zsFfD

未利用の位置情報付きデータを利活用する世界メッシュ統計基盤を構築~多様なデータを局所的に処理、高速で安価な方式を開発~

佐藤彰洋が研究代表者として参画する、JST未来社会創造事業「自律分散的世界メッシュ統計基盤アーキテクチャの設計と実証」の研究成果論文「自律分散的世界メッシュ統計基盤を用いたSDGsへの取り組み」が論文誌「応用統計学会誌」(Vol. 50, No. 2&3,  (2021) pp.103-124)に掲載決定となりました。

■研究成果のポイント

1)メッシュ統計の統計的品質評価方法を95%信頼区間により定式化

2)メッシュ統計データの有用な分野が社会の広範囲に存在することを事例的に提示

3)自律分散的メッシュ統計基盤による費用分担モデルによる事業リスクの定式化

以下、プレスリリースでは、メッシュ統計処理の自動化、可視化、分析を可能とする自律分散的な世界メッシュ統計処理のための技術要素の実証実験を2021年東京オリンピック開催期間中にモバイル空間統計(リアルタイム版)を用いて行った報告の他、後半では、各種事例の紹介、国際標準化提案に対する国内委員会合意について報告しています。

プレスリリース:

https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2022/20228001satoakihiro.html

横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022参加者募集中!

2022年8月19日~2022年8月24日

1日デジタルデザインワークショップを提案者が企画したプログラムに沿って開催します。

ワークショップを体験学習できるイベント「横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022」の参加者を募集中

詳細はこちら↓

【参加者募集】サマーデザインワークショップ2022 | YCU 横浜市立大学 (yokohama-cu.ac.jp)

ご参加お待ちしております。

横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022企画者募集!

ワークショップを企画し参加することで体験学習できるイベント「横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022」の企画の募集を開始

企画の募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

2022年8月19日(金)~2022年8月24日(水)の5日間に分けて、1日デジタルデザインワークショップを提案者が企画したプログラムに沿って開催します。

詳しくはこちら↓

【企画募集】サマーデザインワークショップ2022 | YCU 横浜市立大学 (yokohama-cu.ac.jp)

「横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022」企画募集まもなく開始します!

「横浜市立大学サマーデザインワークショップ2022」を今年も開催いたします!

開催日:2022年8月19日~24日

(開会式8月19日、閉会式8月24日)

会場: Zoomによるオンラインまたは

対面実施(みなとみらいサテライトキャンパス ランドマークタワー7階)

ワークショップ企画応募時点でオンライン/対面実施の別を選択することができます。新型コロナウィルス感染症拡大により緊急事態宣言が発令された場合は対面実施を希望されていましてもオンラインによるワークショップ実施へ切り替えをお願いすることがあります。

◇企画募集期間:2022年5月10日~2022年7月1日19時

• 提出されてきたワークショップ企画書に基づき参加者を募り、1日オンラインワークショップを期間中に開催します。

HP:横浜市立大学 サマーデザインワークショップ2022 – YCUSDW2022 (fttsus.org)

スタートアップ成長支援拠点YOXO BOXオンラインイベント

YOXO BOX無料オンラインイベント

2022年3月2日(水)受付開始16:50 開演17:00 

登壇者:
スカイファーム株式会社代表取締役/YOXO BOXメンター 木村 拓也(きむら たくや)氏
株式会社丹青社 企画開発センター 企画部 部長 菅波 紀宏(すがなみ のりひろ)氏
横浜市立大学データサイエンス研究科教授 佐藤 彰洋 (さとう あきひろ)
【モデレーター】 Peatix Japan 株式会社 シニアコミュニティマネージャー 横浜エリア担当 畑 洋一郎 氏
入場料:無料(視聴チケットが必要)

詳しくはコチラ

2021年度第2回統計数理研究所共同研究集会「世界メッシュコード研究会」+重点型共同利用研究重点テーマ4「地図・メッシュ・位置情報データのデータベース作成・統合と高度利用」共通公開研究集会聴講参加募集

開催日:2022年3月22日(火) 13:00~17:30(12:00開場) 

2022年3月23日(水) 10:00~15:00 (オンラインにて開催)

聴講参加申込:聴講参加募集中(聴講参加締切:2022年2月28日)

お申し込み先https://www.fttsus.jp/jstmirai/events/2021-ismcrp-5014-2/

総務省統計研究研修所と滋賀大学の共催による「令和3年度データサイエンスセミナー」に講師として参加しました

 2021年9月24日に 総務省統計研究研修所 と滋賀大学共催の「データサイエンスセミナー」に講師として開催し、ZOOMとMURALを用いたオンライン型データ利活用研修を実施しました。

https://www.ds.shiga-u.ac.jp/news-faculty/p6606/

JMRAオンライン・ミニ・カンファレンス2021(2021.5.24)映像公開中

インサイト産業を展望する ~マーケティング・リサーチ2021

【開催日時】:2021年5月24日(月)13:00~17:00
【開催方法】:オンライン講演会(Zoomウェビナー)

JMRAでデータ解析とマーケティング・リサーチの融合への期待を講演

当日の開催映像公開中!

https://www.jmra-net.or.jp/activities/conference/2021/20210524lpj.html

スカイファーム株式会社との共同研究

プレスリリース(2021年10月1日)

横浜市立大学大学院データサイエンス研究科の佐藤彰洋教授、同研究科の小泉和之准教授らの研究グループは、横浜を拠点とするベンチャー企業であるスカイファーム株式会社(以下、スカイファーム)と協働し、フードデリバリー・テイクアウトから生じる購買データを活用した共同研究を開始します。(共同研究期間:2022年3月31日まで)

https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2021/20211001skyfarm.html

佐藤彰洋研究室所属学生の受賞

2021年9月10日~2021年9月15日に開催されました、横浜市立大学サマーデザインワークショップ2021にて佐藤彰洋研究室より参加した以下の学生が各賞を受賞しました。

フロア賞 データサイエンス専攻修士2年生 浅倉泉さん(ファシリテーターとして)

優秀企画賞 データサイエンス専攻修士1年生 菅野浩さん(ファシリテーターとして)

優秀企画賞  データサイエンス専攻修士2年生 堤拓哉さん(参加者として)

優秀企画賞 データサイエンス学部4年生 三木祥弘さん(参加者として)

国際航業株式会社との共同研究

佐藤彰洋研究室と国際航業株式会社との共同研究「スマートフォンの位置情報を使った人流データのサンプル抽出法および集計方法における精度向上」が開始となりました(2022年3月31日まで)。


プレスリリース(2021年9月9日)

スマートフォンの位置情報を用いた人流データの信頼性を評価 横浜市立大学が、国際航業株式会社と共同研究

https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2021/20210909sato.html

https://www.kkc.co.jp/cms/detail/news/20210909